石橋正二郎

ブリヂストン創業者

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

石橋正二郎の名言

石橋正二郎の過去の名言をまとめた名言集です。

  • 事業は良い計画を立て、時を活かす事により成功する。先の先を見透かして事業を始める。気は長く持つが、行うときは気短でなければならぬ。

  • 禍は口からという。威張り、虚勢を張る人は他から嫌われて、孤立し、人望を失うに至る。

  • 一個人として如何に優秀でも、他人と仲良く働くことのできぬ人は、集団生活においていちばん厄介な人である。

  • 時の短縮は、私の信条である。もし他人の三分の一の時間で仕事をすれば、結局三倍の仕事ができるわけだ。だから一生涯の活動時間を、かりに四十年とすれば、百二十年分の仕事量となる勘定になる。

  • 時世の変化を洞察して時勢に一歩先んじ、より良い製品を創造して社会の進歩発展に役立つように心がけ、社会への貢献が大きければ大きいほど事業は繁栄する。

    出典:  「ブリヂストン石橋正二郎 久留米から世界へ」

  • 一生涯の目的を達成線とするものは、いかなる固執も、障害も、目前の名利も介さず、忍ぶ、粘る、堪忍持久、終始一貫、最後の目的に突進することである。

  • 生活向上に役立ち、人の幸福を増す製品をつくることが成功の基である。

  • ちっぽけな仕事を飛躍させるには思い切ったことをやらねばならぬ。

  • ゴムに手を染めた以上、将来非常に大きくなるのは何だろうかと頭を痛めた。当時、自動車は日本中で3、4万台だった。米国などの状況からいろいろ判断して、将来100万台にはなるだろう。100万台になったら大変なものだ。アジアに目を向けても大きな市場がある。そうだ、自動車タイヤだと自ずから結論が出るようになったわけだ。

  • 逆境こそ事業革新のとき

  • 気は長く持つが、行う時は気短でなければならぬ。

  • 心だに誠の道にかないなば、折らずとても神や護らん━道具公の和歌が私の信念である。日本では精神的なものを尊ぶが、心と物とが創り出すものは真に世の中のためになるものである。

  • 言葉をつつしみ、自分の偉さを表そうとはせず、気取られなければかえって人に尊敬され、親しまれ、自分も楽しみが多い。

  • 最高の品質で社会に貢献

  • 賃金は2倍でよろしい。しかしあとは駄目だ。人事権などにクチバシを入れるものではない。こっちからストをやれと言う必要はないが、肩透かしに一番いいときだと思うから、やるならやってみろ。一人でも戦う。

  • 私は朝早くから夜遅くまで、日曜も祭日もなく一生懸命に働いた。タイム・イズ・マネーを実行したので人の3倍くらいは仕事したろう。また、父からタバコや酒はのむなと言われて今日まで実行している。

  • 弟子の賃金制度も思いついた。弟子は無給で働いている。仕事をするのに無休では勉強などしない。こんなことでは駄目だから給料だけは希望するだけ払い、その代わりに足袋を能率よくたくさんつくり、値段を安くする。こういう合理化案がまとまって実行に移した。いまなら無給から賃金制度に変えるのは何とも感じないが、当時としてはかなり思い切った考え方で、にわかに店費が激増したため、父からバカなことをしたと叱られた。しかし、それから皆働きがいがあるようになって能率が上がり生産も増え、同業者との競争に負けなくなった。

  • 足袋を市価より2割安い20銭で売った。当時は儲けを2割見込むのが常識だった。たくさんつくって能率を上げ、雑費もかからないようにする。こうして思い切りやすくすることにしたので一躍注文も殺到した。

  • あまりに好調にものごとが進むと終いには上から下までみんな馬鹿になってしまうようだ。品物を売り上げてやるという調子で、苦労を知らない連中のことだから終戦後はひとしお苦労の味をなめることになった。

  • 富士精密を買収したところ、赤字がたくさん出てだいぶ困った。しかし、金を入れて立て直し、いまでは立派な会社になった。最初からあれだけの小型自動車エンジンをつくったので、他の自動車メーカーが驚異の目を見張ったが、戦時中、飛行機のエンジンで非常に苦労し勉強しているので、技術がいいし、熟練工もそろっている。ただ、営業がまずかった。つまり戦時中は政府納めばかりなので経営が無能だったのだ。

  • なんら失敗がなく自然と伸びていくので、他人からつくりごとのようだと言われるくらいだった。もともと大雑把な私のこと、すべて楽観してやるので、人が止めても何しても独走してしまう。たまたまこの独走がものをいった形だ。

  • 普通のたびにゴムを糸で縫いつけた地下たびはあった。しかし地べたにはくので、すぐに糸がすり切れ、始終修繕しなくてはならない。自転車のタイヤは二枚のきれを張り合わせ、その上にゴムを張っている。そのゴムのりで張りつけるのが一番いいだろうと思った。

  • そのうち仕立て屋に疑問を感じるようになった。雑多なものを古めかしくつくっているのではいくらやったって駄目だ。これから見込みのある足袋を専業にしようと考え始めた。福助足袋などが盛んにやっているのを見てヒントを得たわけだ。

  • 競争は進歩の母である

  • 自動車タイヤの販売が始まった。しかし、たちまち破れやすいという評判が立った。破れるのはこちらの責任だから取り替えないわけにはいかない。どんどん取り替えたため千坪ぐらいの畑に10万本くらいのタイヤが山になり、破産するところまで行きかけた。ブリヂストンの仕事は4、5年ぐずつき、軌道に乗ってきたのは10年ごろだった。

  • 「米国の自動車タイヤのメーカーには1日5万本とか6万本もつくる大きな会社があり、それを日本に持ってきてダンピングしたら君のところは丸つぶれだぞ」というのが三井物産あたりの言い分だった。しかし、そんなことはどうでも、技術さえ成功すればいいのだからと、九州大学のゴムの先生の所へ行き「やってみようと思うがどうでしょうか」と話したところ、「100万円、研究費をください」という。当時の100万円だからかなり値打ちがある。地下足袋製造で働いていたドイツ人技師に話したら「自分も大いに賛成だ。やろうではないか。だがこれは極秘で研究しなければ世間に知られて失敗する」とのことだった。

石橋正二郎の名言を見ている方へお薦めする名言

石橋正二郎の残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。

石橋正二郎について

石橋正二郎はタイヤメーカーブリヂストンの創業者。経営難により日産自動車と合併したプリンス自動車の経営にも関わった。美術品の収集家としても有名で、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、モネなどの名画を含むその膨大なコレクションはブリヂストン美術館で公開されている。

1889年福岡県久留米市に、衣服の仕立て屋に産まれる。久留米商業学校卒業後、実家の仕立て屋を継ぐ。石橋正二郎は仕立て屋で取り扱っていた地下足袋に目をつけ、地下足袋の製造を専門で取り扱うこととした。地下足袋の事業は順調に成長、大手メーカーの一つに数えられるまでになり、1918年石橋正二郎が29歳の時には日本足袋株式会社を設立した。

石橋正二郎はさらなる業容の拡大に向けて当時成長が見込まれた自動車産業に注目。足袋製造でノウハウがあったゴムを利用して自動車タイヤへの進出を図る。1930年には自動車用タイヤを完成させ、翌年ブリヂストンタイヤ株式会社(現在の株式会社ブリヂストン)を設立。1963年まで32年間にわたって社長を務めた。ブリヂストンは、カーカスと呼ばれるタイヤ内部の織物を進行方向に向かって真横に配置するラジアルタイヤにいち早く取り組み、その耐久性を武器にシェアを急拡大させた。同社は日本のタイヤ産業のトップメーカーとして君臨するようになり、世界三大メーカーの一つにまで成長している。1976年(昭和51年)死去。享年87歳。