ジャック・ウェルチ

ゼネラル・エレクトリックCEO

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

ジャック・ウェルチの名言

ジャック・ウェルチの過去の名言をまとめた名言集です。

  • リーダーになる前は、成功とは自分自身を成長させることだ。リーダーになった後は、成功とは仲間を成長させることだ。

    出典:  ジャック・ウェルチ、ジャネット・ロウ「Jack Welch Speaks: Wit and Wisdom from the World's Greatest Business Leader」

  • 変革は元来、支持されません。なぜなら人々は皆、現状維持を好むからです。だからこそ、変革をする場合は、何度もくり返し説明しなければなりません。

    出典:  ジャック・ウェルチ「わが経営」

  • ビジネスはスポーツの試合のようなものだ。最高の選手をフィールドに送り出し、良い連携を見せたチームが勝つ。とても簡単なことだ。

  • 戦略とは長期的な行動計画ではない。常に変わり続ける状況に応じて、構想を進化させることだ。

  • 勤続年数が長く、出勤日数が多く、勤務態度が良いことが仕事のパフォーマンスがよいといえるのでしょうか。私は、それらは一切関係がないと思っています。

    出典:  ジャック・ウェルチ「わが経営」

  • 自分自身の運命は自分でコントロールせよ。さもなければ、他人にコントロールされてしまう。

    出典:  ジャック・ウェルチ「わが経営」

  • 会社が職の安定を保証するのではない。それができるのは満足した顧客だけだ。

  • 生まれて20年間ほど、我々はみな段階評価を受けている。なぜ、起きている時間のほとんどを過ごす職場で、それをやめなければならないのか。

    出典:  ジャック・ウェルチ「わが経営」

  • 1年先、2年先、3年先の「あるべき姿」を持っている人は毎日の仕事が輝き、持たない人は、ただの作業に追われる。

  • 最高の選手を集めたチームはいつも勝つ ーこれが従業員の成長に時間と精力の多くを割く理由である。

  • 戦略とは、最初に現時点で自分がどこに位置しているかを知ることが必要だ。自分が前はどこにいたいと思っていたかでも、いるはずだったかでもなく、いまどこにいるかである。次に、五年後の自分の位置を知る。そして最後に、いまの地点から五年後の地点まで到達できるかどうか、現実的にどの程度の可能性があるかを判断することである。

  • 自信の蓄積を始める必要がある。最初に仕事のことでも家庭のことでもかまわないから、現実的な目標を立てる。この目標は達成可能なハードルの低いものにしておくこと。最初に期待を膨らませすぎてはいけない。その目標を達成するといい気分になるはずだ。次に、もう少しだけ大きな目標を立てる。少し大胆で、ちょっと努力が必要なくらいが最適だ。その目標を達成するともっといい気分になる。こうした具合にゆっくりと着実に前進し、一歩ずつ自信を築くことができる。

  • 現実をありのままに受け止めなさい。過去の状況や自分の願望を現実と誤認してはならない。

  • 競争で優位に立つ2つの能力。顧客について競合よりも早く知る能力、知ったことを競合よりも早く実行に移す能力。

  • 組織外の変化の速度が組織内より早ければ、終わりは近い。

  • ビジネスにおいて、6ヶ月早ければよかった、ということはあっても、6ヶ月遅ければよかった、ということはまずない。

  • ベストプレイヤーからなる強い組織を作ることが、21世紀を勝ち抜く企業の条件である。

    出典:  ジャック・ウェルチ「わが経営」

  • キャリアは長期的なものであり、予測できないものだ。まっすぐ順調に進むことはまずあり得ない。ジグザグと回り道をし、立ち止まっては動き、あまたの思いもかけないことに出会う。まじめに働く姿勢や能力は重要だが、運が果たす役割も大きい。ともかくスタートを切ることだ。あなたのためにあると思わせるような天職はいずれやってくる。

  • 経営者にとって最も大切な資質は、知的でかつ偽りがないことだ。現実を見なくてはならない。自らの願望の世界を見るのではなく、世界を現実そのままに見ることが必要だ。

  • もし競争上の優位がないなら、競争をやめることだ。

  • 企業のパフォーマンスを測る3つの方法は、従業員の姿勢、顧客満足、キャッシュフローだ。中小企業であれ大企業であれ、従業員がやる気に満ち、会社の使命を信じ、それを達成する方法を理解しなければ成功はあり得ない。

  • 成功したときに十分お祝いしてあげることだ。勝利を祝うのは、人々の気持ちをつなぎとめるものすごく効果的な方法だ。

  • グローバルに競争できる組織は、フラットで、迅速で、透明性が高くなければなりません。非公式の率直なコミュニケーションが欠かせません。従業員は会社の内外で絶えず最適な方法を探し求めなくてはならない、という考え方が絶対的に必要です。

  • はっきり言えば、短期的経営は誰にでもできるものです。ひたすらコストを削り、これ以上削れないというところまで削ればいいのです。また、長期的経営も誰にでもできます。「辛抱強く待っていてください。我々の戦略がそのうち成果を上げますから」と言い続ければいいのです。四半期の成果を求める圧力と、収益を生み出す未来を築く必要性の両方に応えることが、優れた経営者の仕事です。

  • 経営者たちは様々な指標を用いるが、なにも理解していないことが多い。経営において重要な指標は、顧客満足、従業員の満足、そしてキャッシュフローだ。顧客満足が増大していれば、マーケットシェアは間違いなく成長する。従業員の満足は、生産性、品質、会社の名声、創造性を高める。そしてキャッシュフローは会社にとっての脈拍だ。それは会社にとって致命的に重要な指標なのだ。

  • 組織の学ぶ力と、それを実行に移す早さこそが競争で優位に立つ最大の武器です。

    出典:  「Jack Welch & The G.E. Way: Management Insights and Leadership」

  • 成功と同じように、過ちが良い教師になるということを学ばされてきた。

  • 認めてあげることが必要だ。個人やチームが大きな取引の成約に成功したなど、注目すべきことをしたら、大袈裟なくらいに騒ごう。人前で認めよう。

  • これから先はまったく新しいゲームが始まる。変革を起こそう。今まで経験のないことだから、経験したことのないスピードで変化を起こそう。変化を楽しむ人にとってはとんでもない面白さだ。変化をつかもうとしない人にとってはとんでもない恐ろしさになる。長く待ちすぎるより、早すぎる行動に価値がある。

  • 変化はつらい。だが、ビジネスの世界では避けがたいことだ。あなたに残されているのは、名残惜しいだろうが過去に別れを告げることだけだ。もう終わったことなのだ。昔の日々は返ってこない。

ジャック・ウェルチの名言を見ている方へお薦めする名言

ジャック・ウェルチの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。

ジャック・ウェルチについて

ジャック・ウェルチは41年間にわたってゼネラル・エレクトリック一筋で働き、1981年から2001年までCEOを務めた。CEOになってからは選択と集中、フラット型組織、サービス重視など、企業経営をリードするアイデアを次々と生み出し、在任中に株価を30倍に上昇させる。そのすぐれた経営手腕から「伝説の経営者」とも呼ばれ、1999年には「フォーチュン」誌で「20世紀最高の経営者」に選ばれた。

1935年アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。父はアイルランド系で鉄道会社に勤める労働者だった。マサチューセッツ大学卒業後、イリノイ大学大学院で化学工学を専攻し、博士号を取得。1960年ゼネラル・エレクトリックに入社。入社後はすぐに頭角を現し、1968年に当時最年少でゼネラル・マネージャーに昇進。1973年グループ・エグゼクティブ、1977年セクター・エグゼクティブと順調に出世を重ね、1981年ジャック・ウェルチはゼネラル・エレクトリックの会長兼CEOに就任する。スリムでフラットな組織の構築、「世界で1位か2位になれない事業からは撤退する」との方針で進められた選択と集中、シックス・シグマなどの品質管理手法の導入、サービスによる収益の拡大といった改革を進め、GEの株価を2001年までに30倍にも上昇させ、「20世紀最高の経営者」と言われるほどの成功を収めた。

しかし、一方でジャック・ウェルチの経営手法には批判もある。優秀な従業員で組織を構成するため「成績下位10%の従業員にはGEを去らせる」など厳しい評価制度を導入し、中間層や労働者層に対する温情を欠いているとされた。また一方で、自身は最高で年間9,400万ドルもの報酬を受け取ったことも批判の対象となった。会社は残るものの人材は破壊するとして、建物を壊さず人間を殺す中性子爆弾になぞらえてジャック・ウェルチを「ニュートロン・ジャック」と呼ぶ者もいた。