ウォーレン・バフェット

投資家、バークシャー・ハサウェイ会長兼CEO

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

ウォーレン・バフェットの名言

ウォーレン・バフェットの過去の名言をまとめた名言集です。

  • 慣例に従わないことであれば、人々は必ずあなたが正しいことをするのを止めようとする。

    英語: People will always try to stop you from doing the right thing if it is unconventional.

  • 株式を買う理由のもっともバカげているのは、値上がりしてから買うということです。

  • あなたがしたいことは趣味にしてください。世の中があなたに求めることはビジネスにしてください。

    英語: Whatever you like to do, make it a hobby and whatever the world likes to do, make it a business.

  • 私は株を買う理由を1ページ書き続けられないなら買わない。間違っているかもしれないが、私はいつも理由を把握している。

  • 我々は忙しさの対価として給与を得ているわけではない。適切な仕事をした対価として得ているのだ。

    英語: We don't get paid for being busy, we get paid for being right.

  • 誰よりも賢くある必要はない。誰よりも自らを律するのだ。

    英語: We don't have to be smarter than the rest. We have to be more disciplined than the rest.

  • 我々は決して後ろを振り向かない。我々の頭に浮かぶのは多くのものが待ち受けている未来だけだ。ああしておけばよかったとくよくよ考えても、過去を変えられるわけではない。あなたは前を向いて生きるしかないのだ。

  • 並外れた結果を出すために、並外れたことをする必要はない。

  • 信頼は息をする時の空気のようなものだー存在していれば誰も気づかないが、無くなってしまえば誰もが気づくのだ。

    英語: Trust is like the air we breathe--when it's present, nobody really notices; when it's absent, everybody notices.

  • あなたにできる最高の投資は自分への投資です。学べば学ぶほど稼ぐことができるのです。

    英語: The best investment you can make, is an investment in yourself. The more you learn, the more you'll earn.

  • 並外れた結果を出すのに、並外れた努力はいらない。ただ、日々の普通の事を、とても上手くやればいいだけだ。

    英語: You don't need to have extraordinary effort to achieve extraordinary results. You just need to do the ordinary, everyday things exceptionally well.

  • トラブルから抜け出すよりも、トラブルを避ける方が簡単。私は高さ2メートルのバーを越えようとは思わない。周りを見渡して、またぎ越せる30センチのバーを探す。

  • 企業の実態がマーケットや株価に反映されるまでに、随分と時間がかかってしまうことがあるかもしれません。しかし、事業の成功が一般に認知されるのにどんなに時間がかかろうとも、その企業が期待通りの高い成長をする限り、問題はありません。むしろ、認知が遅くなった方が、投資家にとって都合がいい場合が多くあります。投資家にとってバーゲン価格が続くわけですから。

  • 愚か者でも経営できるビジネスに投資しなさい。なぜなら、どのビジネスにもいつか必ず愚かな経営者が現れるからだ。

  • 若者ができる最高の投資は自分の教育、自分の知性への教育だ。お金は出たり入ったりするものだし、人間関係も同様だ。しかし、あなたが一度学んだことは永遠にあなたとともにあるのだ。

    英語: The greatest investment a young person can make is in their own education, in their own mind. Because money comes and goes. Relationships come and go. But what you learn once stays with you forever.

  • 誠実さは非常に高価な贈り物だ。取るに足らない人たちに期待してはならない。

    英語: Honesty is a very expensive gift, Don't expect it from cheap people.

  • 自ら過ちを犯して学ぶのは良いことです。他人の過ちから学ぶよりもね。

    英語: It's good to learn from your mistakes. It's better to learn from other people's mistakes.

  • 10年間市場が閉ざされても、持っていて幸せだと思えるものしか買ってはならない。

  • 本当にすばらしいビジネスは不朽の「お堀」が存在し、それによって高い利益が守られている。

  • 適切な会社を素晴らしい価格で買うよりも、素晴らしい会社を適切な価格で買う方がはるかに良い。

    英語: It's far better to buy a wonderful company at a fair price than a fair company at a wonderful price.

    出典:  ウォーレン・バフェット「Warren Buffett on Business: Principles from the Sage of Omaha」

  • ビジネスでも投資でも問題解決に取り組むより、初めから対象を単純明快なものに絞った方が通常はるかに高い利益を上げられる。

  • 時機を逸することへの対策は、長期にわたって株を持ち続け、景気が悪化して株価が下がっているときには決して売らないことである。このルールに従っていれば、さまざまな分野に手を広げながらもコストを最小限に抑えたい「知識のない」投資家でも満足のいく結果をほぼ確実に出すことができる。

  • 私が成功した理由は、飛び越えられるであろう30センチのハードルを探すことに精を傾けたから。

  • 私がしなければならないことは、自ら考え他人に影響されないということだけです。

    英語: All I have to do is think and not be influenced by others.

  • 人を見るにはこの3つを見てください。知性、エネルギー、そして高潔さ。最後が欠けていると、前の二つはまったく意味のないものになります。

    英語: Look for 3 things in a person. Intelligence, Energy, & Integrity. If they don't have the last one, don't even bother with the first two.

  • 最高のCEOと呼ばれる人は、会社の経営が好きで、財界人円卓会議やオーガスタ・ナショナルでゴルフをすることなど、望まないものです。

  • 株式市場というのは誰かが、ばかげた値段をつけていないかどうかを確認する場所にすぎません。

  • ウォール街の常ですが、賢い人間が始めたことは、愚かな人間がやりだしたら、もうおしまいなのです。

  • バークシャーが買いを入れるのは、他の投資家がレミングのごとく一斉に売りに傾くときです。

  • 株が下落したときに売ってはいけない。むしろ買うべき。

ウォーレン・バフェットについて

ウォーレン・バフェットはアメリカ・ネブラスカ州出身の投資家で、投資会社バークシャー・ハサウェイで長年に渡って会長兼CEOを務める。同社の筆頭株主であり、2007年には世界長者番付で一位となっている。2008年に起こった金融危機「リーマンショック」では、50億ドルを金融会社「ゴールドマン・サックス」に投資して同社を救い、自身も多額の利益を得た。ネブラスカ州オマハで生まれ、バークシャー・ハサウェイの本社所在地でもあることからウォーレン・バフェットは「オマハの賢人(Oracle of Omaha)」とも呼ばれる。

1930年8月30日、アメリカ・ネブラスカ州オハマに生まれる。子供の頃からビジネスに興味を持ち、複数のアルバイトをしてためたお金で投資を行っていた。高校時代には中古のピンボールを販売するビジネスも立ち上げている。にペンシルベニア大学ウォートン・スクールに入学するも中退し、ネブラスカ大学リンカーン校に転入して卒業。ハーバード大学ビジネススクール入学を目指すも不合格となり、著名アナリストのベンジャミン・グレアムとデイビッド・ドッドに学ぶためコロンビア大学のビジネススクールで修士号を取得。卒業後は父の経営する投資会社で3年働き、その後ウォーレン・バフェットは資産運用会社グレアム・ニューマンでアナリストとして入社して13年間働いた。グレアム・ニューマンが解散すると地元のネブラスカ州オハマに移り、バフェット・アソシエイツ株式会社を設立、投資業を始めた。

1962年に当時株価が低迷していた紡績会社「バークシャー・ハサウェイ」の株を買い始め、最終的には同社を買収。ウォーレン・バフェットは同社を経由して多額の投資を行い、1967年には同社は投資会社へと変貌していた。1970年にはウォーレン・バフェットはバークシャー・ハサウェイの最大株主兼会長となった。1970年代の後半にウォーレン・バフェットはバークシャー・ハサウェイを通じて保険会社の「GEICO」に投資して多額の利益を得た。1985年、バークシャー・ハサウェイの祖業である紡績事業から撤退。ウォーレン・バフェットは1988年からコカ・コーラ株への投資を始め、同社の株式の7%を保有。株価は1989年に2倍近く上昇し、多額の利益を得た。2008年に起きたリーマンショックでは、危機に陥っていた金融機関ゴールドマン・サックスの支援に乗り出し、10%の利回りが約束された優先株を50億ドルで取得、大きな利益をあげた。

ウォーレン・バフェットの名言を見ている方へお薦めする名言

ウォーレン・バフェットの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。