イマヌエル・カント

哲学者

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

イマヌエル・カントの名言

イマヌエル・カントの過去の名言をまとめた名言集です。

  • 理論なき経験は得るものがない。そして、経験なき理論は知的遊戯に過ぎない。

    出典:  イマヌエル・カント「一般システム論」

  • 子供を言うことをきかなければ罰し、良い子にしていれば報酬を与えていると、その子はただ報酬のために正しく行動するようになる。そして社会に出て、善行が必ずしも報われず、不正が必ずしも罰せられないと知ると、その社会に順応しようとする。つまり、正しい行動を取るか、間違った行動を取るかを、自らの利益で決めるようになる。

    出典:  イマヌエル・カント「教育論」

  • 暗黒の中では、我々の想像力は、明るい光におけるよりもたくましく働くのが常である。

  • 苦しみこそが、活動の原動力である。活動の中にのみ、我々は我々の生命を感じる。

  • この世界で素晴らしい事が起こるのは、全て優れた教育の結果である。

  • この世でたった一つ永続するのは、すべては変わり続けるということだ。

  • 内容なき思想は空虚であり、概念なき直感は盲目である。

    出典:  カント「純粋理性批判」

  • 諸君は私から哲学を学ぶのではない。哲学することを学ぶのだ。

  • 幸福とは理性的に考えられた理想ではなく、想像された理想である。

  • 民主主義とは、すべからく独裁である。それは政府に対し、世論に反した行動を取る力を与えている。さらに、意見の違う個人に反した決定を下すことができる、全体の意志は全員の意志ではないのだ。民主主義は自由と矛盾している、さらに言えば自由とは真逆だ。

    出典:  イマヌエル・カント「永遠平和のために」

  • 幸福の条件。するべき事があり、愛する人がおり、希望があること。

  • 我々は光のもとで暗闇を、幸福のもとで悲惨を、満足のもとで苦痛を思い起こすことはまれである。しかし、その逆はいつもである。

  • 成功に至る第一歩は、自分が心で何を望んでいるかを見つけ出すことです。それがはっきり分からないうちは、何を期待しても駄目でしょう。

  • 我が行いを見習えと、誰にでも言えるような行いを心がけなさい。

  • 言葉は思想とともに発達する。言葉がはっきりしないのは思想がはっきりしないからである。

  • 善行はこれを他人に施すものではない。これをもって自分自身の義務を済ますのである。

  • もし虫けらのように振る舞うのならば、踏み付けられても文句を言ってはならない。

  • 人間という存在は、本来自然そのままで野蛮である。したがって人間は修練されなければならない。

    出典:  イマヌエル・カント「Lectures on Ethics」

  • 人間に求めるもの全てを与えてみよ。その時、全ては全てではなくなる。

  • 個々の人間を目的のために利用してはならない。全ては個々の人間のためだと常に認識せよ。

  • 賢い者は考えを変えることができる。そして頑固者は決して考えを変えない。

  • 正しいことをせよ。なぜなら、それが正しいのだから。

    出典:  イマヌエル・カント「道徳形而上学原論」

  • 嘘は嘘であり、その意図の善悪に関わらず、それは本来的に悪である。

  • あなたが知る私は、あなたの目に見える私だけだ。本当の私ではない。

  • 人間はすべて、文明が進めば進むほど俳優になっていく。つまり、人間は他人に対する尊敬と好意、典雅と無私の風を装うが、それにたぶらかされる人はいない。

  • 法律においては、他人の権利を侵害する時には罰せられる。道徳においては、侵害しようと考えるだけで罪である。

  • 全ての行動が普遍的法則に転化するかの如く、自らの人生を生きよ。

    出典:  イマヌエル・カント「道徳形而上学原論」

  • 啓蒙活動が行われるのは、人間が未熟であるためだ。未熟さとは、他人の手引きなしに自分自身の知性を活用することができないことだ。そのような未熟さは、知性の欠如によるものでなければ、自分自身の知性を活用する決意と勇気の欠如によってもたらされる。したがって、啓蒙活動の主題は「自分の知性を活用する勇気を持て!」であるべきだ。

  • 豊かさとは多くを所有することではない。望まないことをしなくても済むということだ。

  • 我慢強さは弱者の強みであり、短気は強者の弱みである。

イマヌエル・カントの名言を見ている方へお薦めする名言

イマヌエル・カントの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。

イマヌエル・カントについて

カントはドイツ(当時はプロイセン)の哲学者。ケーニヒスベルク大学教授。ドイツ古典主義哲学を生み出したとされる人物で、フィヒテ、シュリング、ヘーゲルらがこれを発展させた。現代の西洋哲学に強い影響を与えたとされる。

1724年プロイセン・ケーニヒスベルク(現ロシア・カリーニングラード)生まれ。1740年ケーニヒスベルク大学に入学するとニュートンらの自然学を学んだ。1746年父の死に伴い大学を退学する。退学時に論文を提出しているものの、父の死で学費が工面できなかったための退学であり、卒業という形ではなく中途退学であった。卒業後にカントは家庭教師などをして生計を立てた。1755年31歳のときケーニヒスベルク大学哲学部に学位論文「火について」を提出し、学位を取得。カントは同大学の講師となって哲学者を専門的に研究するようになり、哲学を教えながら論文や著作を執筆する生活に入る。1770年カントはケーニヒスベルク大学教授となる。1781年「純粋理性批判」を発表。同作は理性として人が認識しているものが実は認識できていないという立場に立って理性の原理を明らかにするもので、カントはこれを「コペルニクス的転回」と呼んだ。純粋理性批判はその斬新な視点と難解な内容から哲学界で議論を巻き起こした。1787年「純粋理性批判」の第二版を出版。1788年純粋理性批判に基づいて「何をなしうるか」を述べた「実践理性批判」、1790年「何を欲しうるか」を述べた「判断力批判」を発表した。これら純粋理性批判、実践理性批判、判断力批判は「三批判書」と呼ばれ、カントの代表的著書であり、カント哲学の根幹をなす。1804年79歳で死去。