相田みつを

書家、詩人

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

相田みつをの名言

相田みつをの過去の名言をまとめた名言集です。

  • 道はじぶんでつくる 道はじぶんでひらく 人のつくったものはじぶんの道にはならない

    出典:  相田みつを「道」

  • アノネ 親は子供をみているつもりだけれど 子供はその親をみているんだな 親よりもきれいな よごれない眼でね

  • あのね どんなに上手なべんかいをしてもね べんかいはやっぱり べんかいなんだよなぁ

  • 人間はねぇ 自分よりも人のほうがよくなると おもしろくねんだなぁ 人間のわたし

  • 七転八倒 つまづいたり ころんだりするほうが 自然なんだな 人間だもの 

    出典:  相田みつを「にんげんだもの」

  • 人から点数をつけられるために この世に生まれてきたのではないんだよ にんげんがさき点数があと

  • 弱きもの人間 欲ふかきものにんげん 偽り多きものにんげん そして人間のわたし

  • あなたがそこに ただいるだけで その場の空気が あかるくなる あなたがそこに ただいるだけで みんなの心が やすらぐ そんなあなたに わたしもなりたい

    出典:  相田みつを「いちずに一本道いちずに一ッ事」

  • あなたの主人公はアナタなんだよなあ

  • 自分の心のどん底が 納得しているかどうか そこが大事 にんげんはねぇ

  • 花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根は見えねんだなあ

  • 自分のうしろ姿は自分じゃ見えねんだなあ

    出典:  相田みつを「生きていてよかった」

  • つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

  • あのねぇ 自分にエンジンをかけるのは 自分自身だからね

  • 途中にいるかぎり中ぶらりん 底まで落ちて足が地に着けば 本当に落ち着く

  • だれにだってあるんだよ ひとにはいえないくるしみが だれにだってあるんだよ ひとにはいえないかなしみが ただだまっているだけなんだよ いえばぐちになるから

  • 毎日少しずつ。それがなかなかできねんだなあ

    出典:  相田みつを「にんげんだもの」

  • いいことはおかげさま わるいことは身から出たさび

    出典:  相田みつを「生きていてよかった」

  • うばい合うと 足らないけれど わけ合えば あまっちゃうんだなあ

    出典:  相田みつを「いちずに一本道 いちずに」

  • やれなかった やらなかった どっちかな

  • 善悪、大小、かねの有る無し、社会的な地位の上下などという、人間の作った相対的な価値観を一切やめてみることです。

  • あなたにめぐり逢えてほんとうによかった 生きていてよかった生かされてきて

  • おまえさんな いま一体何が一番欲しい あれもこれもじゃだめだよ いのちがけでほしいものをただ一ツに的をしぼって言ってみな

  • 負ける人のおかげで勝てるんだよなぁ

    出典:  相田みつを「生きていてよかった」

  • なんでもいいからさ 本気でやってごらん 本気でやればたのしいから 本気でやればつかれないから つかれてもつかれがさわやかだから

  • かねが人生のすべてではないが 有れば便利無いと不便です 便利のほうがいいなあ

  • 自分が自分にいやになるとき 金がほしいのにほしくないようなふりをするとき

  • けれどけれどで 何もしない ひとつひとつ かたづけていくんだよ

  • いいですか いくらのろくてもかまいませんよ たいせつなことは いつでも前をむいて 自分の道を歩くことですよ

  • ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの

相田みつをの名言を見ている方へお薦めする名言

相田みつをの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。

相田みつをについて

相田みつをは1980年代から90年代にかけて人気となった詩人、書家。独特のわかりやすい詩をユニークな書体で表現。「にんげんだもの」は200万部以上を販売したと言われており、詩集が読まれることの少ない現代において異例の人気となった。

1924年栃木県足利市生まれ。本名・相田光男。中学校卒業後、歌人・山下陸奥の下で短歌を学ぶ。また、地元足利市の高福寺で在家のまま仏教を、書家・岩沢渓石のもとで書道を学んだ。相田みつをはわかりやすい詩を独自の字体で描く書を考案し、1954年から地元足利市で毎年個展を開催するようになり、さらに全国各地で展覧会を開いて回った。長い不遇の時代が続き、相田みつをは書道家としての活動だけでなく布を蝋を使って染色するろうけつ染めをしたり、地元の商店の包装紙のデザインを請け負うなどして生計を立てながら創作活動を続けた。

そして1984年になって詩集「にんげんだもの」が発売。「にんげんだもの」は200万部を越えるベストセラーとなって人気を確立。続く詩集「おかげさん」も25万部以上のヒットとなった。以降相田みつをは40冊を超える詩集を発売。1991年脳内出血により死去。享年67歳。1996年には東京国際フォーラム内に「相田みつを美術館」が開館した。