アンネ・フランク

アンネの日記の著者

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

アンネ・フランクの名言

アンネ・フランクの過去の名言をまとめた名言集です。

  • 苦しいことについては、私は何も考えない。だって、美しいことがまだ残ってるんだから。

  • 人生は選択によって形作られます。最初に私達が選択をし、そして選択が私たちを変えるのです。

  • この日光、この雲のない青空があり、生きてこれをながめている間、わたしは不幸ではない、と心の中で思いました。

  • 希望があるところに人生もある。希望が新しい勇気をもたらし、再び強い気持ちにしてくれる。

  • 私たちは自らの宿命を制御することはできません。しかし、どんな人間になるかを制御することはできるんです。

  • 「人生最高の日はまだ私に訪れていない。」なんという素晴らしい考え方でしょうか。

  • ...人と話したい、自由になりたい、お友達がほしい、ひとりになりたい。そしてなによりも...思いきり泣きたい。

  • たとえたくさんの人に愛されていても、人間は寂しくないとは限りません。愛されてはいても、それだけではだれにとっても、「唯一無二の存在」にはなりえないからです。

  • お母さんが私の気持ちを分かっていないのは事実ですが、私もお母さんの気持ちを分かっていないのですから。

  • 私は理想を捨てません。どんなことがあっても、人は本当に素晴らしい心を持っていると今でも信じているからです。私たちの人生は一人一人違うけれど、皆同じなのです。私たちは皆、幸せになることを目的に生きています。

  • 誰もが自分の中に朗報を持っています。その朗報とは、あなたがどれだけ偉大になれるか、どれだけ愛せるか、どんなことを成し遂げられるか、あなたの潜在能力はどれほどか、気づいていないということです。

  • 希望があるところに人生があります。希望は私たちを新たな勇気で満たし、強くしてくれます。

  • やってしまったことを無かったことにはできません。でも、もう一度起こらないようにすることはできるんです。

  • 澄みきった良心はひとを強くする。

  • 多くの時代を超えて、ユダヤ人は生きのびてきました。そのあいだずっと苦しんでこなくてはなりませんでしたが、同時にそれによって強くなることも覚えました。弱いものは狙われます。けれども強いものは生き残り、けっして負けることはないのです。

  • もしも神さまの意志で生きる事が許されるなら、わたしはお母さんよりもりっぱな生き方をしてみせます。つまらない人間で一生を終わりはしません。きっと世の中のため、人類のために働いて見せます。そして今、わたしは考えます。そのためには、なによりもまず勇気と、そして明朗な精神とが必要だと。

  • 私が私として生きることを、許して欲しい。

  • 幸せな人は誰でも、他の人をも幸せにするでしょう。

  • 富や名声など全てのものは失われることがあります。でも、心の中の幸福だけは霞むことしかありません。それは生きている限りあなたと共にあり、あなたをまた幸せにしてくれます。

  • 誰もがたった今この瞬間にこの世界をよくするために貢献することができるというのは、なんて素晴らしいことでしょう。

  • 辛い現実はあるものの、私は、今でも人間の心は本質的に善であると信じている。

  • いまや世の中の秩序は逆転してしまいました。もっとも尊敬されるべき人たちが、強制収容所や監獄、寂しい独房にほうりこまれ、残った人間のくずどもが、老若、貧富を問わず、国民全体を支配しています。

  • とにかくママが我慢なりません。ママの前では、自分を抑えて辛抱しなくちゃなりません。そうしないとママの横っ面をひっぱたいてしまいかねませんから。どうしてこんなにまでママが嫌いになってしまったのか。自分でも分かりません。

  • 毎日ただ家事をこなすだけで、やがて忘れられてゆくような生涯を送るなんて、私には考えられないことです。私は世間の大多数の人たちのように、ただ無目的に、惰性で生きたくはありません。

  • 周囲のみんなの役に立つ、あるいはみんなに喜びを与える存在でありたいのです。わたしの望みは、死んでからもなお生き続けること。

  • 大人の方が今の私たちよりずっとつらい目に遭っているというのは、本当ですか。いや、私はそうは思いません。

  • 幸せになるという目的をもって生きるのです。

  • あなたが孤独や悲しみを感じたとき、素敵だった一日を思い出し、外を見てください。家や天井ではなく空を見るんです。あなたが臆せずに空を見ることができるなら、あなたは自分に純粋さがあり、再び幸せを見つけることができると感じるでしょう。

  • 私たちの人生は一人ひとり違うけれど、されど皆同じなのです。

  • 私達は皆、幸せになることを目的に生きています。

アンネ・フランクの名言を見ている方へお薦めする名言

アンネ・フランクの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。

アンネ・フランクについて

アンネ・フランクは「アンネの日記」の著者として知られるユダヤ人。第二次大戦中、ナチスドイツ占領下のオランダ・アムステルダムでナチスのユダヤ人狩りから逃れるため隠れて暮らした。強制収容所に連行されるまでの約二年間、身を潜めて暮らす生活の中で日記を書いた。アンネ・フランクは15歳で強制収容所にて死亡するが、戦後にアンネの父が中心となって日記の出版。約70ヶ国語に翻訳され、全世界で3000万部以上を売り上げる大ベストセラーとなった。「アンネの日記」は2009年にユネスコの「世界記録遺産」にも登録されている。

1929年6月12日、ドイツのフランクフルト・アム・マインに生まれる。1933年、ナチスドイツが総選挙に勝利し、ユダヤ人迫害が始まると一家でオランダ・アムステルダムのユダヤ人街に移住。しかし、1940年にオランダがドイツに占領され、オランダでもユダヤ人狩りが始まる。1942年から父オットー・フランクを中心とする一家は民家の屋根裏部屋で隠れて暮らすこととなった。同年6月、アンネ・フランクは父・オットーから誕生日プレゼントとしてサイン帳を送られ、これに日記をしたためた。日記は架空の人物であるキティーへの手紙という形式になっており、1944年8月に連行されるまで約二年間が記録されている。

その後、アンネ・フランクは強制収容所に送られ、1945年3月に15歳で病死する。1945年9月に第二次世界大戦は終結し、父・オットーはアンネ・フランクの残した日記を出版することを計画。日記は1947年に出版され、全世界で3000万部以上を売り上げるベストセラーとなった。2009年に「アンネの日記」は、世界中で読まれた書籍トップ10のうちの1冊として、ユネスコの「世界記憶遺産」に登録された。