青木功

プロゴルファー

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

青木功の名言

青木功の過去の名言をまとめた名言集です。

  • うまくいくことを前提に立てたゲームプランなど妄想にすぎない。練習ではほとんどミスも起きないショットですら、コースの上では生じるのだという認識に立って、初めてゲームプランは成立する。

  • 上には上がある。下には下がある。どっちを向いて歩くかだよ。俺の場合は、風の向きひとつで、昨日のゴルフが今日は通用しなくなっちゃう。だから面白いんだな。向上心が失われないんだ。今日の俺より、明日の俺の方がもっと上手くなっているんじゃないか。そう思わずにはいられないのである。

  • オレは、できなくなるのは待ってない。できるようにするんだよ。

  • 俺は、負けたら悔しい。楽しめたなどというやつの気がしれない。

  • どんなに失敗しても、自分を信じることです。強くなりなさい。失敗を恐れずに、自分を信じて前へ進むのです。

  • どのスポーツでも自分が一番になりたいという気持ちを常に持っていなければダメですね。

  • 俺は俺の打ち出し方しかできないんだ。どんなフォームで打とうと放っといてくれ。要は結果を出せばいいんだ。

  • ゴルフの技術は「出来た!」のは、終わりではなく、始まりなのだ。

  • いくぶんか打ちそこなったショットが普通なのであって、思いどおりのショットはむしろまぐれなのだと見なすべきなのではないか。

  • 攻撃的というと、いかにも景気がいいし、カッコもいい。が、いたずらに攻撃的なのは、攻撃的なのではなく無謀というものである。進むときは進み、退くときは退くというのが、昔からの兵法の常識ではなかったか。ただやみくもに突進し、みずから墓穴を掘った例は、古今東西、いくらでもあったことだ。

  • いまにして思うと、盗んで学んだものは忘れることがないんですが、一方的に先輩から教わったものはすぐ忘れます。心のどこかに、忘れたらまた聞けばいい、そんな気持ちが働くんでしょうね。

  • 最近は天職って言葉を使ってるけど、ゴルフの神様が「お前はこれしかないんだから、これをできるようにするのも、できないようにするのもお前だ。だから、やるならある程度覚悟を決めなさい」って言っているというか、そういうことだと思うんだよね。

  • 教訓は過去のいいプレーからは得られない。いいプレーは甘い記憶でしかなく、思い出しては酔い痴れているだけである。

  • 「平常心」とよく言いますが、平常心では物事は成し遂げられませんよ。 「絶対に勝つぞ」という気持ちがなければ。

  • 何か一つ目的を作れば、そのためには必ず健康でいなきゃいけないわけだから、やっぱり目的を作ることだね。

  • まだまだ僕のゴルフは発展途上の段階ですよ。いつまでたっても極められないのが、ゴルフの面白い部分でもあったりするじゃない。

  • よく頑張ったなんて、ちょっとでも自分を甘やかしたらダメだ。衰える速度をいかに遅くさせるか、そのためにトレーニングが必要なんだよ。

  • 自分勝手の人間だから、勝手に考え、勝手にやる。

  • よく楽しみましたっていうけれど、おかしいよね。なにやってるんだって言いたくなる。勝負を自分の仕事として、トーナメントを戦っていて、楽しむという言葉はないでしょう。自分がどこまで勝てるのだろうかというゲームと、楽しむというゲームは違うんだから。

  • メンタルが大事とよくいいますが、僕は体がすべての基本だと思います。

  • 勝てなくても、上の位置にいればいつか勝てると思えるようになってきた。3位や5位で我慢していればいつかは優勝できるかもしれないって。それは「忍」っていう字に表されるんだけど、我慢ができるようになって捨てなくなったね。勝負はしてるんだけど、結局投げちゃったら何の意味もないし、プロなんだから金を稼がなきゃならないんだって気持ちになった。それが、オレの言う「体技心」が一番充実していた頃だと思うよ。

  • 甘えが大敵。ここまでよくやってきた、なんてちょっとでも自分に妥協したらダメなんだ。

  • 僕は常にプラス思考ですから、失敗しても気にしません。ゴルフの神様が「おまえ下手だからもう一回やれ」と言っているんだなと、そんなふうに思いますね。

  • 海外に出て「世界のメジャー大会で大暴れしてやる」このくらいの気概がある選手でないと日本の賞金王にもなれません。

  • 挑戦意欲というかね、征服してみたいなって気持ちになるんですよ。でも、できることもあるんだよ。それで「ほら見ろ!」ってなって、また次ハマるわけなんだな…。それの繰り返しなんだけど、その繰り返しがゴルフが長くできた理由かなとも思う。

  • オレはオフは作らない。試合が明けて疲れたときにちょっと息抜きすることはあるけど、オフはない。だって、ゴルフで生活してるんだから、ゴルフでオフを作るわけにはいかないじゃない。

  • ゴルフが好き。きっと、いまの若い選手が100回好きだと言っても、僕が1回好きという気持ちのほうが強いと思う。

  • いつかやろうじゃなくて、やるときは今すぐやる、とことんやります。

  • アマとプロでは気持ちが違う。覚悟はできているんだろうけど、プロの水はそんなに甘くないぞ。

  • 我が道を行く。これしかない。

青木功の名言を見ている方へお薦めする名言

青木功の残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。

青木功について

青木功は日本だけでなく、海外でも大きな活躍を見せたプロゴルファー。1980年の全米オープンで準優勝し、海外4大メジャー大会での日本人の最高順位を記録した。1983年には日本人として初めてアメリカPGAツアーで優勝した。

1942年千葉県我孫子市生まれ。中学までは野球部に所属しており、ゴルフとは無縁の生活を送っていた。中学3年生の野球部引退後、青木功はゴルフ場でアルバイトを始めゴルフの魅力に取りつかれた。中学卒業後はゴルフ場でキャディの仕事をしながらプロを目指し、1964年22歳でプロテストに合格した。

1971年青木功が29歳の時、プロ入り7年かかって念願の日本ツアー初優勝を遂げた。1976年34歳で初の日本ツアー賞金王。1978年から1981年まで4年連続日本ツアー賞金王と、国内では圧倒的な強さを見せた。1980年の全米オープンで青木功は「帝王」と呼ばれたジャック・ニクラウスと最終日の最終ホールまでもつれる接戦を演じるが、準優勝。1983年のハワイアンオープンでは日本人として初めてアメリカPGAツアー優勝。 国内ゴルフツアー58勝,海外では7勝をあげた。1995年からシニアツアーに参加し、国内、海外で活躍。2004年に日本人の男子選手で初めて世界ゴルフ殿堂入りした。2016年に青木功は日本ゴルフツアー機構の会長に就任。