イニエスタ

サッカー選手

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

イニエスタの名言

イニエスタの過去の名言をまとめた名言集です。

  • 時の経過には抗えません。いつかサッカーを辞めるときが来ます。一つはっきりしているのは、引退後もサッカーに関わりたいということです。現時点でどのように関わるかかはわかりませんが、サッカーに関わることは間違いありません。サッカーこそが僕の人生なのです。

  • ある人はあなたを好きになり、ある人はそうならないでしょう。最後には自分自身であるしかないのです。

  • 昔は私にも憧れの選手や好きなチームがありました。でも今は、観戦した全ての試合から学ぶことに喜びを感じています。

  • 小さい選手は感覚を研ぎ澄まし、予測をし、ボールを持とうとします。90キロの選手は60キロの選手と同じように動けません。私はいつもピッチ上で、はるかに大きな選手とプレーしています。そこで私はボールに絡むことに努めています。私が勝てるのはボールの扱いだけだからです。

  • すべての選手に共通する思いは勝ちたいということだけです。それによって障害を乗り越え、目標のために戦うのです。

  • なんの犠牲も払わずに勝利するのも楽しいでしょう。しかし、苦労したときほど満足感は大きいものです。

  • 私は自分のチームを助けるために、自分のサッカーをお見せするために日本に来ました。それによって、クラブや日本サッカーがより一層発展することを祈っております。

    出典:  ヴィッセル神戸への入団会見

  • 私がヴィッセル神戸への入団を理由は、提示されたプロジェクトが非常に興味深いものだったからです。私を非常に信頼してくれました。人として、プレーヤーとして私を信頼してくれました。そこが大きかったです。

    出典:  ヴィッセル神戸への入団会見

  • 私は偉大なサッカー選手として記憶されたいと願っています。サッカー選手をしていなければ普通の人間ですから。

  • サッカーでは完璧などというものは存在しないんです。

  • 人間には自分でも想像もしないようなことができる瞬間があるものです。

  • 日本は素晴らしい国で、日本文化は素晴らしいです。できるだけ早く日本に馴れて活躍したいと思っています。日本の生活を楽しみながら、プレーも楽しみ、早くチームの一員になりたいと思っています。

    出典:  ヴィッセル神戸への入団会見

  • 私は自分がスターだと思ったことはありません。

  • 人々が私に敬意を払ってくれて、私を好きでいてくれていると感じる時、私は幸せを感じます。

  • どんな背の高さや、体の大きさでもサッカー選手になれるんです。

  • 日本に来て一番重要なのは、文化に溶け込むことだと思います。皆さんと同じような国民の一員になりたいと思っています。私の家族もそうです。私たちの祖国の文化とは違いますが、できるだけこの文化の一部になりたいと思っています。

    出典:  ヴィッセル神戸への入団会見

  • プレーの多くは内側から生まれてくる、直感的なものです。それが私のやり方なんです。

  • サッカーではじっくり考える時間は与えられません。思いついたままに行動するんです。

  • ラ・マシア(バルセロナの育成組織)は、たくさんの選手がともに暮らす場所ですが、一人一人が自立しているんです。

  • 日本のサッカーをとてもリスペクトしています。日本のプレーヤーについてもそうです。非常に技術が高く、考えてプレーしていますし、コンビネーションもよく使います。Jリーグについても、日本代表についても良く知っています。非常にレベルの高い選手が多いと思っています。

  • 人々はサッカー選手を手の届かない存在のように考え、僕らが問題を抱えていないかのように思っていますが、僕らも人間なんです。もちろん恩恵も受けますが、現実にはみなさんと同じなんです。

  • 今日の私を作ってくれたのはバルセロナとラ・マシア(バルセロナの育成組織)です。本当に感謝しています。

  • 助けが必要なとき、それを求めることが必要です。そのために専門家がいるのです。彼らを活用しなくてはいけません。

  • できる限り長くサッカーをプレーしたいと思っています。

  • サッカーを見るのは好きです。どんなチームでも、どんな選手がプレーしていても楽しいものです。

  • 私は人前で話すよりもサッカーをプレーするのが好きですが、人前で話すのを求められることも増えました。そのときはできる限りのことをして皆さんに心地よく感じてもらえるように努めています。私にとっては時に難しいこともありますが、全力を尽くしています。

イニエスタの名言を見ている方へお薦めする名言

イニエスタの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。

イニエスタについて

イニエスタはバルセロナ、ヴィッセル神戸でプレーしたスペイン人サッカー選手。12歳でバルセロナの下部組織に入団すると、高い技術が評価され18歳の若さでトップチームにデビュー。以降、シャビ・エルナンデス、リオネル・メッシらとともにバルセロナの黄金時代を支えた。2017-18シーズン終了後、契約満了をもってバルセロナを退団。新天地が注目される中、Jリーグのヴィッセル神戸に入団することが発表された。年俸はJリーグ史上最高額の年俸32億5000万円で、3年契約とされる。

1984年スペイン・アルバセテ、フエンテアルビージャ生まれ。8歳で地元のプロサッカークラブ、アルバセテ・バロンピエの下部組織に入団。そこで卓越した技術を見せて注目を集め、多くのクラブから引き抜きの勧誘を受けた。両親がバルセロナの下部組織のコーチをしていたエンリケ・オリザオラと知り合いだった縁で両親とバルセロナの下部組織を見学し、バルセロナへの入団を決断。12歳の時にバルセロナの下部組織へと入団した。バルセロナでも高いテクニックが早くから注目を集める。イニエスタが15歳の時、プレーを見たジョゼップ・グアルディオラがシャビ・エルナンデスに対し「あの坊やが俺たち二人を引退させるかもしれない」と話したという逸話は有名。2000-01シーズンからイニエスタは下部組織の最上位であるバルセロナBでプレーし、2002-03シーズンにトップチームに昇格。2002年10月29日、チャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦でトップチームデビュー。18歳の若さだった。

当時バルセロナの監督だったフランク・ライカールトによってトップチームに引き上げられたイニエスタは、2002-03、2003-04シーズンはおもに途中出場でプレー。2年間で26試合に出場し2得点をあげた。そして2004-05シーズンからは主力に定着。リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ合わせて46試合でプレーし2得点をあげた。このシーズン、リオネル・メッシをトップチームに昇格させたバルセロナはリーガ・エスパニョーラで優勝を果たした。翌2005-06シーズンにはリーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズリーグの両方を制覇した。しかし2006-07シーズン、2007-08シーズンは無冠に終わり、監督のフランク・ライカールトは退任、代わってジョゼップ・グアルディオラが監督に就任する。

ジョゼップ・グアルディオラの下で、バルセロナは前線からのハイプレスと安定したビルドアップによって高いポゼッション率で相手を圧倒するチームに変貌、2008-09シーズンにはリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの三冠を達成した。ジョゼップ・グアルディオラが指揮した四年間でバルセロナはリーガ・エスパニョーラ3回、チャンピオンズリーグ2回、コパ・デル・レイを2回制覇。バルセロナが展開したハイプレスをベースにしたポゼッションサッカーはサッカーの戦術に革命を起こしたと称賛された。

グアルディオラ退任後、イニエスタはさらに6年間バルセロナでプレーし、リーガ・エスパニョーラ4回、コパ・デル・レイ4回、チャンピオンズリーグ1回の優勝に貢献。2014-15年シーズンにはルイス・エンリケ監督のもとで再びリーガ、コパ、チャンピオンズの三冠を達成している。2012年にはイニエスタはFIFAバロンドールの最終候補に選ばれ、3位となっている。2017-18シーズンをもってバルセロナを対談したイニエスタは、Jリーグのヴィッセル神戸へと入団。年俸32億5000万円はこれまでの記録を大幅に更新するJリーグ史上最高額となった。