アントニオ猪木

プロレスラー、政治家

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

アントニオ猪木の名言

アントニオ猪木の過去の名言をまとめた名言集です。

  • 何かやると、当初はいろいろ言われても、あとから必ず評価されるときが来ます。俺の歴史はその繰り返しですよ。

  • 落ちたら、またはいあがってくれば、いいだけのこと。

  • 失敗が怖い?いいじゃないですか。私なんか失敗、誤解、つまずきといった負の部分をエネルギーに変えてきたからこそ、こうやって60歳を過ぎたいまでも元気でいられるんですから。

  • 限界なんて言葉はこの世にはない、限界と言うから限界ができるんだ。

  • 人は歩みを止めた時に、そして、挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。

  • 衰退期はやることなすこと裏目に出る。思い切って発想を変えないとやっていけない。

  • 人は歩みを止め、闘いを忘れたときに老いていく。

  • 夢を持てば、燃えられる。燃えられれば、どん底にも耐えられる。ヘンにひねくれることもない。どん底に耐えられれば、裸になることができる。

  • 限界なんて言葉はこの世の中にはない、限界と言うから限界ができるんだ。どんなに慎重になっても、どんなに想像しても、行動についての結果は、やってみなければわかりません。でも、結果を恐れて行動しなければ、なにも生まれてきません。行動を起こせば、また新たな選択が生まれてきます。でも、その行動や選択には責任もついてきます。あなたの行動は多くの人にも影響をあたえます。言い訳はひとつも通用しません。それでも歩きましょう。人生逃げ道なし。

  • 新聞や雑誌で「環境がどうの……」と理屈ばかり言っている知識人と呼ばれている人たちは、一度、アマゾンのジャングルを走り回ってくるといいんですよ。パラオの海に潜ってもいいし、そうすると机上では計り知れない、自然からの知恵が黙ってても入ってきますから。

  • あなたの行動は多くの人にも影響をあたえます。言い訳はひとつも通用しません。それでも歩きましょう。人生逃げ道なし。

  • 一生懸命やっている人を小馬鹿にするのは、自分がかなわないから、笑うことで逃げているのだ。

  • よく、これがもう俺の限界だと弱音を吐くやつがいる。限界だ、限界だと口癖ではなかろうかと思うくらい、限界の二文字を口に出す。私に言わせれば限界なんて言葉はこの世の中にはない。限界と言うから、限界ができるのだ。

  • 私の歴史を振り返ると、行動を起こした直後はものすごく批判を浴びる。でも結果として形になっていく。

  • 人間には、必ず人生の転機を直感し、的確に判断できるかどうかを試される時が何度かある。

  • 俺たちは、生まれながらに偉いのではない。全力でぶつかり、失敗し、それでも立ち上がって、また失敗し、やっと何かをつかんだかと思ったら、虚しくも朝の露。しかし、まだまだくたばらない。俺には欲があるんだ、夢があるんだと向かっていく。そうして、ちっぽけながらも、自分だけができる何かをつかんできた。

  • 俺は本音で勝負してるから、どんな逆境でも人気商売をやらせてもらえる。客に媚びを売ってたら商売にならないよ。

  • 事務所のブログに「なぜこんな時期に、わざわざ北朝鮮に行くんだ」という書き込みもたくさんの方からいただきました。あのときは「じゃあ、オマエにいいアイデアがあったら、教えてくれよ」と言いたかったですね。

  • 人は歩みをとめたときに、そして挑戦をあきらめたときに年老いていくのだと思います。この道を行けばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わずいけよ、いけばわかるさ。

  • 何かを始めたら、まずその初期からエネルギーのある成長期を経て、安定期、そして衰退期が来ます。多くの人は、安定期に入ると明日も明後日もそれが続くと思っていて、衰退期に入ってから独立するなどと言って動き出す。次のことは、勢いのあるうちに考えないと駄目。

  • 混乱の時代、不安と恐怖の中で生きるか、何が起ころうとも何かに挑戦し続けるか。

  • 常識から1ミリでもいいから一歩踏み出せ。

  • 自分の我を引っ込めたときには、必ずといっていいほど挫折感を味わう。

  • コンプレックスをバネに飛躍することができるのではないか。

  • 「…たら」「…れば」を考えるより、どんな状況下でも「何を、どうすれば、自分にとって最高の道となるのか」を見つけ出す方に時間をかけるほうが、有意義ですよね。

  • 妥協して敗れるのか、必死に闘った結果敗れるのかでは大きな違いがある。

  • 派手に見えれば見えるほど、裏で地味な努力をしているのが、あらゆる世界のプロだ。

  • ただ単に相手を倒すだけであったのなら、社会において何の価値があろうか。

  • どうってことはない。負けたと思ってないんだから。

  • 日本人は「日本が平和憲法を持った国家」であると思っている。しかし、実際は世界の人はそんなこと知らない。外国の憲法なんて誰も興味ない。ほとんどの日本人だって、韓国の憲法や米国の憲法なんて知らないでしょう。大事なことは、誰かが日本が平和国家であり、友好関係を結ぼうと訴えなければならないということです。

アントニオ猪木の名言を見ている方へお薦めする名言

アントニオ猪木の残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。

アントニオ猪木について

アントニオ猪木は日本のプロレスラー。「元気ですか〜」、「1、2、3ダァー」のパフォーマンスで知られる。新日本プロレスを立ち上げ、全日本プロレスと並ぶ人気団体に育て上げた。プロレス引退後は政治家に転身し、参議院議員となった。

1943年(昭和18年)神奈川県横浜市生まれ。13歳のとき一家でブラジルに渡る。ブラジルに遠征中だった力道山の目に止まり、プロレスにスカウトされると、1960年17歳で日本プロレスに入団。アントニオ猪木をリングネームとして活躍し、日本プロレスではジャイアント馬場と並ぶ人気レスラーとなるが、日本プロレスとの確執などから、1972年に独立して「新日本プロレス」を立ち上げた。新日本プロレスはアントニオ猪木や、長州力、藤波辰爾などの人気レスラーを抱え、テレビで全国放送されたことも相まって人気となり、プロレス黄金時代を築いた。

1989年「スポーツを通じて国際平和」を合言葉にした「スポーツ平和党」を結成。参議院選挙に出馬したアントニオ猪木は99万票を集めて当選した。1990年湾岸戦争では、クウェート在住の日本人41人が人質としてイラクに拘束されていた。アントニオ猪木はこの人質開放を目指し、バグダッドに乗り込んで人質開放を成し遂げた。また2013年以降、北朝鮮を度々訪れ、日本人拉致問題解決や核開発の中止を直接訴えかけた。