マリリン・モンロー

映画女優、歌手

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

マリリン・モンローの名言

マリリン・モンローの過去の名言をまとめた名言集です。

  • もし私がすべてのルールを守ってたら、成功なんてしていなかったでしょうね。

  • 人はいつだって何かを失っているのよ。それでも私たちは生き続けなければならない、そうでしょう?

  • 私が人を許さないのは私が弱いから。私が人を許すのは、人は間違いを犯すものだと思えるほど私が強いから。

    英語: I don't forgive people because I'm weak, I forgive them because I am strong enough to know people make mistakes.

  • 男の子は女の子のことをまるで本のように思っている。表紙が目立たなければ、中身を読もうともしない。

    英語: Boys think girls are like books, If the cover doesn't catch their eye they won't bother to read what's inside.

  • 完全に馬鹿げているほうが、信じられないほどの退屈よりましよ。

    英語: It's better being completely ridiculous than unbelievably boring.

  • 誰かと一緒に不幸になるよりも、一人きりで不幸になるほうがいいわ。

  • 服のサイズが一番小さくないから、自分が太っていると思っている全ての女性へ。あなたは美しい、見にくいのはこの社会なんです。

    英語: To all the girls that think you’re fat because you’re not a size zero, you’re the beautiful one, its society who’s ugly.

  • 「大空が限界だ」なんて言うけれど、それは違う。限界はあなたの心の中にある。

    英語: The sky is not the limit. Your mind is

  • 笑い続けてください。人生は素晴らしく、笑うべきことがたくさんあるのだから。

    英語: Keep smiling, because life is a beautiful thing and there's so much to smile about.

  • この人生はあなたが作り上げるものなの。どんなことがあっても、あなたはときどきミスをするはず。それは普遍的な真実なの。ただ、救いなのはあなたはどのようにミスをするかを自分で決められるということ。

  • 女性が自分自身でやるのではなく、男性に自分の理想の世界を建ててもらうことを期待するなんて間違ってるわ。

  • 賢明な女の子は自分の限界を知っていて、自分の頭で考える女の子は限界がないことを知ってるの。

    英語: A wise girl knows her limits, a smart girl knows that she has none.

  • 私は女優になりたいと決心してから、私の自信のなさが私自身のチャンスをつぶすことがないようにしようと思ったの。

  • 誰もがスターなのよ。みんな輝く権利を持っている。

  • 男性と平等でありたいと求めるような女性は、野心が足りていない。

  • 愛とは信頼。人を愛するときは完全に信じることよ。

  • 一度失敗したからといって、他のすべてでも失敗するわけではありません。踏みとどまって続けてください。そして常に、常に、常に自分を信じてください。自分を信じなければ誰があなたを信じるんですか?堂々と、顔を上げ、さらに大切なことにいつも笑っていてください。

    英語: Just because you fail once, doesn't mean you're gonna fail at everything. Keep trying, hold on, and always, always, always believe in yourself, because if you don't, then who will, sweetie? So keep your head high, keep your chin up, and most importantly, keep smiling.

  • 後悔などしないでください。その時にあなたが本当に望むことだったのだから。

    英語: Never regret anything because at one time it was exactly what you wanted.

  • 最悪の私を愛さないなら、あなたは最高の私にも値しない。

    英語: If you don't love me at my worst, then you don't deserve me at my best.

  • 全ての物事には理由があると私は信じてるわ。人々が変わってしまうのはあなたが忘れることを学ぶためで、物事が上手くいかないのは上手くいっているときに感謝できるためで、嘘を信じてしまうのは、最終的に自分しか信用できないということ学ぶためで、ときどきいいことが崩れ落ちてしまうのは、もっといいことがひとつになるためなの。

  • 体は見られるためにあるもので覆い隠すためのものじゃないの。

  • ベッドで私が何を身に纏うかって?シャネルNo.5の香水に決まってるでしょ。

  • 私は成功するために生きるの。あなたや他の人を喜ばせるためじゃないわ。

  • 人々は失うまで自分の持っているものに気がつかないの。

  • 自分が公や世界のものであることは知っていたわ。でもそれは私が才能あるからではなく、美しいからでもないの。それはそれ以外の何にも、あるいは誰にも私が属したことがないからよ。

  • 誰もが皆スターで輝く権利を持つのにふさわしい。

    英語: Everyone's a star and deserves the right to twinkle.

  • 疲れたからといってやめないでください。終わったときにやめるんです。

  • 友達とはあなたが聞きたいことを言う人で、親友とは真実を言ってくれる人よ。

  • 私たちはみんな年寄りになる前に思い切り生きたほうがいいの。恐怖は愚かなもので、後悔もまた同じよ。

  • たとえ100人の専門家が、「あなたには才能がない」と言ったとしても、その人たち全員が間違っているかもしれないじゃないですか。

マリリン・モンローについて

マリリン・モンローは1940年代から1960年代にアメリカで活躍した女優、歌手。「ナイアガラ」、「紳士は金髪がお好き」、「七年目の浮気」、「お熱いのがお好き」、「荒馬と女」などに出演し、アメリカのセックスシンボルと呼ばれた。私生活では野球選手のジョー・ディマジオ、劇作家のアーサー・ミラーと結婚しいずれも離婚。その後、36歳の時に自宅で薬物死しているのが見つかった。睡眠薬の大量服用による自殺と言われているが、その真相は謎に包まれている。

1926年6月1日、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれる。母は未婚であり、貧しいメキシコからの移民だった。父親は誰なのかわかっていない。幼少時代は孤児院や里親の家を転々とした。16歳で一度結婚して離婚。その後写真モデルの仕事をしていた。1946年にマリリン・モンローは20世紀フォックスと映画女優として契約し、端役として出演。1953年に初の主演作「ナイアガラ」が公開。劇中で腰を振って歩くモンロー・ウォークが大々的に宣伝され、マリリン・モンローはアメリカのセックス・シンボルと呼ばれるようになった。それ以降、マリリン・モンローは映画「紳士は金髪がお好き」、「百万長者と結婚する方法」、「帰らざる河」、「七年目の浮気」に出演。セクシーな演技だけでなく、コミカルな役や映画の主題歌にも挑戦してスター女優となっていった。

1954年にマリリン・モンローはニューヨーク・ヤンキースの野球選手ジョー・ディマジオと結婚するも翌年に離婚。1956年に劇作家のアーサー・ミラーと結婚した。この頃、マリリン・モンローはセックス・シンボルから脱却して演技派の女優へと転換。「アンナ・クリスティ」、「欲望という名の電車」、「バス停留所」、「王子と踊子」での演技は高評価を得て、1959年の「お熱いのがお好き」でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した。この頃、マリリン・モンローは当時アメリカ大統領だったジョン・F・ケネディと不倫関係にあったと言われており、1961年にアーサー・ミラーと離婚。1962年に自宅の寝室で死亡しているのが見つかった。享年36歳。死因は睡眠薬の大量服用による自殺とされたが、何者かによる謀殺とする説もある。1961年の「荒馬と女」が遺作となった。

マリリン・モンローの名言を見ている方へお薦めする名言

マリリン・モンローの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。