トルストイ

小説家

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

トルストイの名言

トルストイの過去の名言をまとめた名言集です。

  • 愛するということは、自分の愛する相手の生を生きるということである。

    出典:  トルストイ「文読む月日」

  • この世界で私たちが見るすべてのもの、私たちが考えるすべてのものは、その根源を私たちの精神のうちにもっているのだ。

  • 時間が流れる、と私たちはいう。これは正しくない。進んでいるのは、私たちであって時間ではない。

  • 夫婦喧嘩は喧嘩ではなく、あれは性欲がやんだ結果現れたお互いの本当の関係に過ぎないのです。

  • この世における使命をまっとうせんがために、我々の仕事を明日に繰り延べることなく、あらゆる瞬間において、自己の全力を傾注して生きなければならない。

  • 自分をその人より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。また、その人を自分より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。そうした時、人と生きるのがたやすくなる。

  • 何もせずにいればいるほど、しなければならぬことをする時間がなくなっていくものだ。

  • 政府が必ずしも必要とは限らない。それは有害で最も不道徳な団体だ。

  • 古人は我々に英雄的叙事詩の模範を残した。そのうちで、英雄が歴史の興味の全部をなしている。だから、我々はかかる種類の歴史は、この人間時代で、なんら意味も持たないという考え方に慣れることができない。

    出典:  トルストイ「戦争と平和」

  • 人は自分の友に秘密を話すが、その人にもまた友がいるのだ。

  • どんなに仲のよい、美しい打ち解けた関係であっても、へつらいとか賞賛とかいうものは、車輪の進行に油が必要なように、ぜひなくてはならないものである。

    出典:  トルストイ「戦争と平和」

  • 人間が馴れることのできぬ環境というものはない。ことに周囲の者がみな自分と同じように暮らしているのがわかっている場合はなおさらである。

    出典:  トルストイ「アンナ・カレーニナ」

  • 自分の幸福を手に入れようと務めているうちに、人は、その幸福が他の存在によって左右されることに気づく。

  • 人間が幸福で、完全に自由であるような状態は、この世にないが、人間が完全に不幸で、少しの自由もないような状態も、またあり得ない。

  • 戦争というものは、最も卑しい罪科の多い連中が権力と名誉を奪い合う状態をいう。

  • いかなる時でも、お辞儀はし足りないよりも、し過ぎたほうが良い。

  • 愛は理性の帰結ではない。また、一定の活動の結果でもない。それは、歓喜に満ちた生命の活動そのものである。

  • 他人の罪は目の前にあるが、自分の罪は背後にある。

  • 謙虚な人は誰からも好かれる。それなのにどうして謙虚な人になろうとしないのだろうか。

  • 幸福は、己れ自ら作るものであって、それ以外の幸福はない。

  • 人生において成功をつかむ鍵は、賢い人々の知恵を利用することだ。

  • 真の知恵とはなんでも知っていることではない。人生において必要なこと、あまり必要ではないこと、そして知っても無駄なことを見分ける知識である。

  • 急いで結婚する必要はない。結婚は果物と違って、いくら遅くても季節外れになることはない。

  • 正直は善行ではないが、罪悪の欠けている証拠である

  • 憤怒は他人にとって有害であるが、憤怒に駆られている当人にはもっと有害である。

  • すべての幸福な家庭は、互いに似通っているが、不幸な家庭はどれもが、それぞれの流儀で不幸である。

    出典:  トルストイ「アンナ・カレーニナ」

  • 動物は子孫をもうけ得る時期にだけしか交わりません。しかるに我々人間は、この忌まわしい万物の霊長はですね、快楽が得られさせすればかまわんというわけで、時と場所をわきまえません。

  • 自分の信念に忠実に生きる少数の人々の生涯は、あらゆる書物よりもはるかに役に立つ。

  • もし悪い人間が、お互いに結合して力をつくるなら、潔白な人間も、同じことをすべきである。

  • 神は人間に額に汗して働けと命じている。銀行に金を積んで、何もしないで食べていこうとするのは人間の掟に反することだ。

トルストイの名言を見ている方へお薦めする名言

トルストイの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。