マーク・トウェイン

小説家

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

マーク・トウェインの名言

マーク・トウェインの過去の名言をまとめた名言集です。

  • 問題なのは、何も知らないことではない。実際には何も知らないのに、知っていると思いこんでしまうことだ。

  • 一般的な女性は頭脳より美しさを求める。なぜなら一般的な男性は考えることはできないが、見ることはできるからだ。

  • 私は生きていく中で多くの問題を見てきたが、そのうち半分は実際には起こらなかったものだ。

  • いつも正しい悲観論者であるよりも、時々は間違える楽観論者である方が良い。

  • あなたが正しいと教えられ、皆が正しいと思っているとしても、それが正しいとは限らない。

  • 親切は、耳の聞こえない人にも聞こえ、目の見えない人にも見える言語だ。

    出典:  「Bite-Size Twain: Wit and Wisdom from the Literary Legend」

  • 心配とは、借りていない借金の利子を払うようなものだ。

  • 一日、一日に人生でもっとも素晴らしい日になるチャンスを与えなさい。

  • この世界ににあなたを生かす義務があるなどと大きな顔で言ってはいけない。世界はあなたに何の借りもない。あなたより先に世界はそこにあったのだから。

  • 持っているもので満足できるのが豊かということだ。もっとお金が欲しいと思っている限り、その人は豊かではない。

  • この世界の問題点は人々がなにも知らないことではない。問題なのは、人々が真実でないたくさんのことを信じ込んでいることだ。

  • 前に進むための秘訣は始めることだ。始めるための秘訣は、複雑で膨大な仕事を管理可能な大きさに分け、その一つを始めることだ。

  • 真に偉大な人物になるには、周囲の人々を偉大にするような人物にならなくてはいけない。

  • 規則に縛られるな、人生は短いのだ。許すのは早く、キスはゆっくりとせよ。真に愛せ。笑いをこらえるな。そして、あなたを笑顔にすることを決して躊躇ってはいけない。

  • 愚か者と議論してはいけない。愚か者はあなたを同じ水準へと引きずり下ろし、豊富な経験であなたをいたぶる。

  • 笑いによる攻撃に立ち向かえるものはなんにもない。なのに、君たち人間は、いつも笑い以外の武器を持ち出しては、がやがや戦っているんだ。

    出典:  マーク・トウェイン「不思議な少年」

  • 行動した結果、例え失敗しても、20年後には、笑い話にできる。しかし、行動しなければ、20年後には、後悔するだけだ。

  • あなたの野望を過小評価する人たちからは距離を置きなさい。数は少ないですが、本当に偉大な人たちは、あなたが偉大になれると感じさせてくれるのです。

    出典:  「Mark Twain at Your Fingertips: A Book of Quotations」

  • 人生を夢見るな、夢の人生を生きるのだ。

  • 人について知れば知るほど、犬を愛すようになる。

  • 人生において最も重要な日が2日ある。あなたが生まれた日と、あなたがなんのために生まれたのか知った日だ。

  • 政治家とオムツはともに頻繁に交換されなければならない。そしてその理由は同じだ。

  • 面白くない人生なんてない。そんなものはあり得ない。

  • 我々が誕生を喜び、葬式を悲しむのは何故か?我々がその当人でないからだ。

  • 嘘には3種類ある。普通の嘘、真っ赤な嘘、そして統計である。

  • 疑念よりも欲望に注意を向けなさい。そうすれば夢は勝手に実現している。

  • 現実が作り話よりも奇妙なのは当たり前の話だ。作り話は理に適っていないといけない。

  • 正しいことをしなさい。それはある人達を満足させ、残りの人達を驚かせるだろう。

  • 成功とは旅であり、目的地ではない。成功しても継続的な努力、警戒、見直しが求められる。

  • 人々に嘘を信じ込ませるのがどれだけ簡単なことか。そしてその嘘を取り消すのがどれだけ難しいことか。

マーク・トウェインの名言を見ている方へお薦めする名言

マーク・トウェインの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。

マーク・トウェインについて

マーク・トウェインは19世紀に活躍したアメリカの小説家。「トム・ソーヤの冒険」や「ハックルベリ・フィンの冒険」といった少年小説が有名。その作風はユーモアに富む一方で社会を痛烈に風刺する内容も多い。その著作は当時としては異例売上をあげ、マーク・トゥエインはアメリカを代表する著名人になるとともに、後世の作家に大きな影響を与えた。

1835年ミズーリ州フロリダに生まれる。父は判事をしていた。12歳のときに父を亡くし、働き始める。植字工見習、蒸気船の船員、印刷工など職を転々としたのち、1857年22歳のときに蒸気船の水先案内人となった。筆名の「マーク・トウェイン」は、水先案内の業界用語で、蒸気船の航行安全水域を意味する。アメリカで南北戦争が始まると、蒸気船の航行が激減して失業。アメリカ連合国軍に参加したがすぐに除隊し、ジャーナリストの世界に身を投じる。サンフランシスコに写って複数の新聞社を渡り歩いて働く中、作家業も営み1865年「ジム・スマイリーとその跳ね蛙」が評判となる。1869年新聞で長期連載したヨーロッパ旅行記「赤毛布外遊記」を出版し、大ヒットを記録。翌年、ニューヨークの裕福な事業家の令嬢であるオリヴィア・L・クレメンスと結婚。コネチカット州・ハートフォードに移住して作家として多くの作品を生み出す。1873年小説「金ぴか時代」を出版したのち1876年に発売した「トム・ソーヤの冒険」が異例の大ヒットとなる。さらに「王子と乞食」、「ハックルベリ・フィンの冒険」などもヒットを飛ばし、マーク・トウェインは国民的作家として敬愛されるとともに、大きな資産を築いた。しかし、浪費や投資の失敗、株への投機などにより資産は減少し、1894年頃までに莫大な借金を抱えてしまう。借金返済のため翌1895年世界各地で講演活動を行い、1897年「赤道に沿って」の印税も借金返済に充て、なんとか借金は完済した。晩年のマーク・トウェインは人生への深い虚無感を抱いていたとされそれが作品にも現れる。1906年「人間とは何か」、死後に出版された1916年「不思議な少年」などでそれらを表現、初期のユーモア溢れる作風とは対極の内容となっている。1910年死去。享年74歳。