シェイクスピア

劇作家、詩人

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

シェイクスピアの名言

シェイクスピアの過去の名言をまとめた名言集です。

  • 自分の内にいかなる音楽も持たず、甘美な音の調和に心を少しも動かされぬ人間こそ、謀反と謀略と略奪に適した人間だ。

  • 人間は、自分流にものごとをそれぞれ解釈して、そんな解釈がものごとそのものの本質と、まったくかけ離れていることもある。

  • 安心、それが人間の最も身近にいる敵である。

  • 他人に見せるよりも多くの持っていなさい。話すよりも多くを知っていなさい。

  • 金を貸すと、金も友達もなくしてしまう。金を借りると、倹約の心が鈍ってしまう。

  • 生きることが苦痛でしかないときに生きるのは、愚かなことだ。

  • 悲しみに助言や慰めを言えるのは、自分がその悲しみを感じないからだ。

  • 実行を恐れることは、手に入ったかもしれないよきものをしばしば取り逃がすことになる。

  • 火を消し尽くすのは別の火であり、苦痛を和らげるのは別の苦痛というわけだ。絶望的な悲しみには別の悲しみを持ってくることだ。

  • まったく想像力でいっぱいなのだ。狂人と、詩人と、恋をしている者は。

  • ひとつの顔は神が与えてくださった。もうひとつの顔は自分で造るのだ。

  • 恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ。

  • 雄弁が役に立たないときにも、純粋な、無邪気な沈黙が、かえって相手を説得することがある。

  • 求めて得られる愛は素晴らしい。でも、求めることなく得られる愛はもっと素晴らしい。

  • 楽しんでやらなきゃなにごとも身につきはしません。

    出典:  シェイクスピア「じゃじゃ馬馴らし」

  • 今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。

  • たいていの友情は見せかけであり、たいていの恋は愚かさでしかない。

    出典:  シェイクスピア「お気に召すまま」

  • 愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知る。

    出典:  シェイクスピア「お気に召すまま」

  • あなた自身の自我に忠実でありなさい。そうすれば、夜に昼が続くように、あなたはなんぴとに対しても悪意を抱くことができないようになるだろう。

  • 人の言葉は善意にとれ。その方が5倍も賢い。

  • 不幸を治す薬は希望よりほかにない。

  • 物事によいも悪いもない。考え方によって良くも悪くもなる。

  • 習慣も大事だが、なかには守るより破ったほうがいいものもある。

  • たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せる。

  • 悪口を言われて我が身を正すことの出来る人間は幸せと言うべきだ。

  • たとえバラ色の唇と頬が、時の半円の大鎌まで刈り取られても、愛は時の道化に成り果てることはない。愛は、短い時間や週単位で変わることはない。最後の審判の日まで耐え抜くものだ。

  • 臆病者は本当に死ぬまでに何度死ぬかわからぬが、勇者はただ一度しか死を味わわない。

  • 借り主となるなかれ、また貸し主となるなかれ。貸し主は金と友を同時に失う。

  • 失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。

  • 天は自ら行動しない者に手を差し伸べない。

シェイクスピアの名言を見ている方へお薦めする名言

シェイクスピアの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。