シェイクスピア

劇作家、詩人

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

シェイクスピアの名言

シェイクスピアの過去の名言をまとめた名言集です。

  • 外観というものは、一番ひどい偽りであるかもしれない。世間というものはいつも虚飾にあざむかれる。

  • お前たちもみな知っているように、慢心は人間最大の敵だ。運命をはねつけ、死を嘲り、野望のみを抱き、知恵も恩恵も恐怖も忘れてしまう。

  • 今晩一晩は我慢しなさい。そうすれば、この次はこらえるのが楽になる。そして、その次はもっと楽になる。

  • ふたつの道のうち、どっちにしても極端に走るような人は、嫌悪すべきだ。

  • 誰の話でも聞いてやれ、しかし自分のことはあまり話すでない。他人の意見をよく聞き、だが判断は差し控えておくこと。

  • 慈悲ほど犯罪を助長させるものはない。

  • 地獄は空っぽであり、全ての悪魔は現世にある。

  • 自分に正直であれば、他人に偽ることもなくなる。

  • 他人の感情を弄んではいけない。それはあなたを勝利に導くかもしれない。だが、あなたは生涯の友を失う危険がある。

  • 私が自信を得た時、その舞台は失われた。私が負けを確信した時、私は勝利した。私が他人を必要とした時、人々は私から去ってしまった。私が涙を乾かすことを学んだ時、理解者が現れた。そして私が憎むことを覚えたとき、私を愛してくれる人が現れた。

  • 愚か者が盲者を統治する、なんというひどい時代だ。

  • あなたの目は、あなたの心の窓なのです。

  • この世界は全て舞台だ。そして男も女も、みんなただの役者にすぎない。それぞれが登場しては、次々と退場してゆく。そして、時代に適った者は、いくつもの役を演じるのだ。

    出典:  シェイクスピア「お気に召すまま」

  • どうとでもなれ。どんな大嵐の日でも、時間はたつ。

    出典:  シェイクスピア「マクベス」

  • 楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。

    出典:  シェイクスピア「マクベス」

  • 「今が最悪」といえる間は、最悪ではない。

    出典:  シェイクスピア「リア王」

  • 逆境も考え方によっては素晴らしいものだ

  • 女の愛は食欲に似ている。深い心の働きからではなく、口淋しいだけのことだ満腹すればすぐ嫌になり、吐き気を催す。

  • われわれ男性は安易によけいなことをしゃべりすぎ、誓いすぎるのかもしれない。でも、意志がその約束に追いつかない。我々は宣誓こそ得意だが、恋愛は苦手なのです。

  • 悲しみは独りではこない、必ず連れを伴ってくる。その悲しみの跡継ぎとなるような連れを。

  • 剣で殴りつけるよりも、笑顔で脅かすがよい。

  • 強力な理由は力強い行動を生む。

  • 小さな火は早く消すことができるが、これを放ったらかしにしておくと、川でさえも消すことはできなくなる。

  • 人間はこの世に生まれ落ちるやいなや、阿呆ばかりの大きな舞台に突き出されたのが悲しくて、誰もが大声をあげて泣き叫ぶ。

  • 石垣では恋を遮ることなどできぬ。恋の成し得ることなら、恋は何でも企むだろう。

  • 失敗は星々の間ではなく、我々自身の中にある。

  • 人生は、二度繰り返される物語のように退屈である。

  • 栄光は水面の輪のようなものだ。輪は広がりすぎて消えてしまうまで、どんどん大きくなり続けるからである。

  • 詩人の目は細かく激しく動いて、天から地を見、また地から天を見る。そして想像力が未知の物の姿を呼び起こすと、詩人のペンはそれに形を与え、空々漠々たるものにはっきりとした住居と名を与える。強い想像力とは、そんなわざを持っているのだ。

  • 根性の曲がった者には賢いことも善いことも曲がって見える。汚い者には汚いものしか口に合わない。

シェイクスピアの名言を見ている方へお薦めする名言

シェイクスピアの残した名言を分析し、それらの名言の傾向に近い名言を厳選して紹介します。