バブルが始まる少し前、文明の進歩によりどんどん変化していく日本の中で、誰もが高揚していました。しかし僕は、日本はこんなに便利になってしまっていいのだろうか?という不安感を抱いていたのです。そこで電化製品にどっぷりと浸っている子供達が、電気も水道もない生活の中に放り出されたら、何をどう感じ、どう動くのか?それを描いてみたいと思った。それが『北の国から』の原点でした。

倉本聰     脚本家

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

この名言を見ている方にお薦めの名言

倉本聰の他の名言