読者は作者の提出した物語に導かれて、自分の周囲に立ちこめている情報の粒子を整理するのである。その結果、身の回りが、足もとが、よく見えてくる。なにが大事で、なにが大事でないかが、たとえ一瞬であっても判然としてくる。神経病みが治るのである。

井上ひさし     劇作家、放送作家、小説家

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatebu
  • Line
  • Copy

この名言を見ている方にお薦めの名言

井上ひさしの他の名言